加齢とともに減少するメラトニンを補給するサプリメント

加齢により不足するメラトニンをサプリメントで補う方法があります。体内リズムをコントロールして、毎日ぐっすりと眠れるようになるメラトニンは、年をとると少しずつ分泌されづらくなっていきます。サプリメントを使うことで、足りないメラトニンを確実に補給できますので、重宝します。

脳にある松果体という部位から分泌されている成分であるメラトニンは、眠りと、目覚めの切り替わりに重要な役割を果たしているものです。年をとると起きる時間か早くなるのは、メラトニンが減って体内時計がおかしくなるからです。覚醒のメカニズムは、眠っている体が太陽の光を浴びることで、起きるモードに切り替わることで起きます。

この時、睡眠ホルモンであるメラトニンは、体内時計からの信号で分泌が止まります。睡眠ホルモンとも名付けられているメラトニンが分泌されると、身体は自然に眠気を感じるようになるという仕組みです。メラトニンが足りないせいで不眠症になってしまう人もいます。他の病気の回復を遅くしてしまうこともありますので、対策を講じることが重要になります。

メラトニンは身体の睡眠を促進するだけでなく、抗酸化作用もあるので、活性酸素の増加を抑制し、疲労からの回復を促してくれます。年をとっても若々しい体であるためには、メラトニンのような抗老化作用がある成分も効果的です。病院に行くほどではないけれど、寝つきの悪さが気になっているという人には、メラトニンサプリメントが適しています。

肌が老化する原因って?