皮膚科で行われるにきびの治療方法とは

にきびの症状が軽いうちは、何もしないでそのままにしているという人は意外と多いようです。もっと症状が重くなったら皮膚科に行けばいいし、そうなるまでは特別な対処は必要ないだろうと考えている人は少なからずいます。とはいえ、皮膚科の治療を受けることで、にきびの再発が抑えられたり、いつもよりも治りが早まることもあります。

一旦できたにきびへのケアが適切でなかったために、にきびの腫れが広がったり、にきび痕が大きくなったら面倒です。皮膚科では、外用薬や内服薬のほかにも器具を使ったにきびの治療が行われています。皮膚科でもらえる薬をにきびに塗って治療することで、アクネ菌の増殖を抑えて化膿をとめたり、毛穴の詰まり解消によるにきびの再発予防効果などを得られます。

にきび治療に用いる飲み薬には、肌の回復を促進するビタミン剤や、ホルモンのバランスを整えるホルモン剤、化膿止めの抗生物質などがあります。皮脂の分泌を抑えてにきび予防が可能なビタミンB2やビタミンB6のほか、皮膚の回復を早めるビタミンCをビタミン剤で摂取します。

そのほか、面皰圧出法や、イオン導入法、レーザー治療などで肌を治療できます。できてしまったにきびが早く元のお肌になるように、にきびの中に詰まっている膿や皮脂を、面皰圧出という道具を使って取り出すという治療方法です。レーザー治療は、にきびの中の膿を取り出したり、ニキビをできにくくする働きがあります。

ビタミンCなど、肌の回復効果を高める成分を皮膚に塗る時に、電流を通してイオン化させることで、皮膚の中に届きやすくすることができます。

高い保湿力のある美容液ランキング

コメントを残す