利用者が増加している銀行系カードローンの特徴について

銀行系カードローンについては融資の社内規定もなく過度な融資になっているケースもあるようです。銀行系カードローンの融資は非常に取引数が増えており、加熱気味になっています。金利の低さはこれまでにない状態ですので、そんな中での銀行としては、どの企業に融資を行えばいいかを的確に見極めることが大切になります。

消費者金融会社が、個人へのローンを一手に受けていた時代もありましたが、近年ではグレーゾーンの問題や、過払い分の請求ができるようになったため、力関係が変わってきています。銀行が消費者金融会社を買収して、銀行系のキャッシング会社になったという会社も多くあります。

少し前までは、銀行が行う融資サービスといえば企業を対象とした大口の融資や、個人を対象とするときは住宅ローンなど担保の必要な大がかりなものでしたが、最近では銀行系カードローンも便利な存在になってきています。今までの銀行では、所得証明なしとか目的自由という融資は、考えられなかったことです。

銀行系カードローンのお客様を獲得すると、人事考課でかなりのプラス点が付くと言われています。営業マンは積極的に銀行系カードローンを宣伝し、1人でも多くの顧客を見出そうとするわけです。金融融資には総量規制という決まりがあり、消費者金融会社は年収の3分の1を越える融資はできませんが、銀行は総量規制はあてはまらないので、各銀行の社内規定のとおりです。

銀行系カードローンで融資を受ける人が多い背景には、決まりがないことから、借りたい金額を借りやすいというメリットがあるからです。必要書類を揃えて窓口に出していくのは面倒ですが、この頃はインターネット環境が充実していることもあって、ネット越しにカードローンの申し込み手続きができます。

無印良品週間がお得になる方法とは?

コメントを残す